佐久穂町の既存近代建築物再考によるまちづくり

長野県元気づくり支援金事業「佐久穂町の既存近代建築物再考によるまちづくり」

「平成24年及び平成25年度長野県地域発元気づくり支援金」の採択を受け、長野県建築士会佐久支部青年女性委員会を中心に、信州大学経済学部の大学生と佐久穂の地域住民を巻き込んで行った活動です。 

【facebookサイト/佐久穂のまちなみ再考】


◇日本建築士会連合会 会長賞を受賞
平成25年の全国建築士会青年委員会活動で最優秀賞を頂きました。本活動においては、建築士会佐久支部青年委員会の仲間であり、佐久穂町出身の井出正臣氏のリーダーシップと共に、青年委員会のメンバー各自が役割を分担して大きな事業を成功に導く事が出来ました。
ひとりの建築士では到底不可能な事業も、熱意ある仲間とならば成功できる。
まちづくり活動こそが、建築士会に委ねられるべく社会貢献活動であると思います。素晴らしい仲間に囲まれている事に感謝です。


活動の集大成として本の出版も行いました。

【信州まちなみスタディーズ〈佐久穂〉谷あいにたたずむ近代化の遺構】
信濃毎日新聞社出版

amazonで購入頂けます。


社会貢献活動